四国今治の職人達のこだわりは使う身になって天然素材を厳選すること、
糸加工の段階では安全で環境と人に優しい薬品を使用すること、更に仕上げには四国山脈の伏流水を使用することです。
加えて織りにも一味違う味を求め、昔ながらの手織り機やシャトル織機での物づくりにもこだわりました。
四国今治から「Imahito(イマビト)」の織物にのせて「創り手の想い」と情報をできるだけたくさんお伝えすることで、
お客様とのネットワークが出来ていくことを願っています。

和でもない、洋でもない・・・「IMAhito(イマビト)」はノーブルなやさしさが漂うロマンティストなシリーズです。
売場ではそんな商品を生かすために、昔の織物工場をイメージした空間を設定しました。
落ち着いた雰囲気の中で、お客様に見て、触って、「幸福の肌触り」を感じていただけるよう、やすらぎ感に満ちた心地良い展開をしていきます。

コンテックス・Imahito

【素材にこだわる】
モノの良し悪しはほぼ素材の品質で決まるため、使用される場面に応じて最適で、お洒落な素材を選びました。吸水性や肌触り、艶などにこだわって素材を選ぶことは少しコストは高くなりますが、仕上がった時に「幸福の肌触り」を感じていただけるものと信じています。

【染色加工にこだわる】
タオルづくりにとって水は非常に大切なものです。私たちは高縄山系の伏流水を100%使用しており、不純物や科学薬品が入っていない水からつくられるタオルは染めムラがなく、発色のいい色合いを実現します。

【織りにこだわる】
織物はタテ糸とヨコ糸の微妙な構成によって、その肌触り、風合いが違ってきます。
「IMAhito(イマビト)」シリーズでは様々な素材の特定を生かしながら最適と思われる組織で織り上げました。
優しく、時には適度な刺激を提供するために、特許取得の織り組織を駆使し、また素材の一部は昔ながらの手織り機やシャトル織機も使ってゆっくり織り上げました。

【後処理、洗いにこだわる】
「IMAhito(イマビト)」シリーズでは出来るだけ化学薬剤の使用を控え、廃液による環境破壊に配慮した加工をしています。
脂分を分解するための薬剤として、自然に帰る酵素や天然抽出オレンジオイル、植物性の鈍石鹸などを使用しています。
洗い加工でこれらの天然薬剤はほとんど取り除かれますが、仮に残留していても、化学薬品と違って人の肌に優しいです。

◆IMAhito ドットマフラー(素材:綿 100% / サイズ:27cm×130cm)

Embroidery

Item

全25件

ショッピングカートに入れる

IMAHITO DESIGN 職人のこだわりから生まれた、布とタオル「イマヒト」